108ピースジグソーパズル【妖怪ウォッチ】で楽しもう

ジグソーパズルといえば子どもからお年寄りまでファンは多いですよね。図柄もアニメ、風景、動物、名画など実に多くの種類がでており楽しめるものになっています。

このジグソーパズルに妖怪ウォッチバージョンがでています。妖怪ウォッチファンにはたまらないと思います。ジグソーパズルは想像力を刺激しながら完成までのスリルを味わいながら楽しむことができます。

パズルは幼児用の10ピースくらいから高度な10000ピース位のものまであります。今日ご紹介するのは妖怪ウォッチのアニメやメダル集め、シールやカード集めに夢中なお子様向けの妖怪ウォッチのジグソーパズルをご紹介したいと思います。

SnapCrab_NoName_2015-10-19_0-2-40_No-00

お子さんは面白ければすぐにそれに夢中になります。作っている段階でも楽しくてやめられないパズルですが、これが完成した時には「やったー」という達成感の喜びにも浸れます。そして完成したものをお部屋に掲げてまた楽しむこともできます。

大人ですと普通最初は300ピースくらいからはじめ1000から3000ピースくらいのものを楽しんでおられる方が多いですが、小学生の低学年くらいで、初めてというお子さんでしたら50から100ピースくらいからスタートすればいいと思います。

お子さんのほうが感度がいいですから、すぐに親御さんを追い越してしまうかもしれません。

ピースがどんぴしゃとハマった時の嬉しさは格別ですよ。

楽しみ方は以下にもリンクしておきましたが、ポイントはわ外側の枠からやり始め、自分がわかりやすいところからどんどんはめていくというやり方になります。

最後は完成したら、専用のノリをパズルの上から付けて固め、透明のアクリル板を乗せ、周りをフレームで留めれば終了になります。

お部屋に飾り、ちょっとしたインテリアになります。自分で作ったものを毎日見れます。これ最高です。

このジグソーパズルは高齢者にもリハビリに利用されるなど、集中力を養う効果もあります。これからは寒くなりお家の中で遊ぶ機会も多くなると思います。妖怪ウォッチのジグソーパズルで遊ぶのもいいと思います。

最初から難しいものにとりかかり投げ出してしまってもいけないので、56と108ピースの妖怪ウォッチバージョンを紹介します。詳しくは以下を御覧ください。

 56ピース ジグソーパズル 妖怪ウォッチ これがイマドキの妖怪ニャン! (18.2×25.7cm)