キュボロスタンダードは今年のクリスマス、お正月用は無理かも

あの将棋の藤井聡太四段が遊んでいた木の「おもちゃ」として、俄然人気が出てきた「キュボロスタンダード」ですが、今年のクリスマスのプレゼントやお正月用の贈り物として購入するのはもう無理ですね。

来年の夏以降のものを今予約受付中です。予約が殺到しているんですね。予約もお早めにという感じになってきています。

キュボロは穴が開いたもの、溝の彫られたもので5センチ角の立方体を積み上げて玉の道をつくる ビー玉遊びです。子供ばかりでなく大人もはまってしまうという面白さがあります。

国内総代理店(輸入元)でも、現在、長期在庫切れとなっております。
→今年2017年クリスマスに間に合う分の入荷数は、すでご予約で一杯となっております。

キュボロの誕生は1979年スイスのベルンで誕生したもので、心身に障害のある子どもたちとの遊びの中で生まれたゲームのひとつだそうです。

単純な立方体に溝や穴を彫り、 それらを組み合わせビー玉をころがしてみる。きちんと正しく組み立てないとビー玉は最後まで転がり出てきません。お子さんのおもちゃとしては、木のぬくもりとともに、想像力が掻き立てられ、面白いのが人気の秘密なんでしょうね。

【★2018年夏以降入荷分予約(代引き不可)】キュボロ(クボロ) スタンダード【送料無料】【Cuboro standeard】

縦横無尽に転がるビー玉穴や溝の方向、長さが色々ありますので、ビー玉をちゃんと最後まで転がすように組み合わせるのははじめのうちは、意外と大変かもしれません。けれども、積み上げた塔の中を縦横無尽に走り回ったビー玉が 最後に穴から出てくる醍醐味や達成感はなんとも代えがたい喜びになるでしょう。

「キュボロスタンダード」には、入門書が同梱されています。まずは構成図どおりに組み立ててみて下さい。だんだん慣れてきたら自由な発想で塔を作ってみましょう。意外なところから最後の玉を出したりと、工夫するポイントはたくさんあります。

遊びこなせるようになってきたら、追加用のセットもあります。以下の公式サイトで検討してみてください。